2017年11月17日

アメリカからの訪問者:Endicott College (MA州)

2017年11月16日に、Endicott Collegeの国際教育ディレクターOdea KrausさんがEducationUSAセンターを訪問してくださいました。Endicott Collegeは、マサチューセッツ州のリベラルアーツ・カレッジです。Beverlyという場所にありますが、ボストンからのアクセスもいいそうです。
Untitled.jpg
インターンシップ制度が非常に整っている大学で、学生は在学中に3回インターンシップを行なうそうです。1度目は1学年1学期終了直後で、期間は3週間120時間。場所は国外でもOKです。約20%の学生が、インターンシップ後に、専門分野を変えるそうです。2回目のインターンシップも約3週間120時間で、2学年2学期直後に行ないます。3回目は4年生で、月曜と木曜は授業がなくインターンシップをします。これらの経験をもとに、自分のやりたい仕事を見つけていくことができるせいか、Endicott Collegeでは、卒業生の99%が、卒業後半年内に、Endicott Collegeの卒業生は正規職業に就くか、大学院に進学を果たしていて、学生の53%は、インターンシップした会社で職を得ているそうです。

出願に求められる学力はGPA3.2、英語テストTOEFL79点またはiELTS6.0点ですが、奨学金が欲しい方はもう少し高い学力が求めれます。奨学金は1年ごとの更新型です。大学の留学生の割合は全体の4%(約30カ国)であり、今度もっと留学生に来て欲しいそうです。留学生の入学についてはこちらを。

1年生から一般教養だけでなく、専攻分野の授業を履修できます。大学はプライベートビーチ4つも近くにあり、安全性が高いとのことです。1クラスの人数は18名ほど。3年生では卒論が課され、学生のリサーチ能力の育成にも力を入れているとのことでした。

[EducationUSA]
posted by スタッフ at 13:37| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする