2018年12月10日

アメリカからの訪問者: University of Wisconsin, Milwaukee (WI州)

ウイスコンシン州の州立4年制大学のUniversity of Wisconsin, Milwaukeeから、Mr. MacKenzie Timothy (Director of International Programs)がアメリカンセンターJapanを訪問してくださいました。
IMG_9735.jpg
University of Wisconsin, Milwaukeeはミシガン湖のほとりにある美しいキャンパスで、学生総数は25,412名(大学院:4,635名、学部課程:20,777名)で、そのうちの約6%が留学生だそう。(出典:Viewbookから)大学について詳しくはこちらを。

大学の奨学金についてはこちらを。また、留学生には、CPT(Curricular Practical Training)やOPT(Optional Practical Training)などのサポートもしているそうです。詳しくは、Student Employment を。大学の経費はこちらを。(Other states/Internationalを選択)

Timさんは英語研修の担当者だったので、大学全体の情報は資料を持参してくださいました。UW, Milwaukeeは学部課程の English for Academic Purpose (EAP)と大学院のEnglish for Academic Purposeを備えており、それぞれのレベルに応じた英語研修が受けられるそうです。詳しくはこちらを。
彼は、アメリカの大学で日本語を専攻しており、日本の大学にも6ヶ月間短期留学をした経験もあるそうで、日本語で丁寧にご挨拶をしてくださいました。また、帰り際も日本語でお辞儀しながら去っていかれました。ご訪問ありがとうございました。
(EducationUSA)
posted by スタッフ at 16:55| 東京 ☀| アメリカ留学関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

アメリカからの訪問者 Doane University (NE州)

ネブラスカ州の私立4年制大学のDoane UniversityのMr. Jake Hoy-Elswick (Director of International Programs)がアメリカンセンターJapanを訪問してくださいました。
Doane U.jpg
Doane Universityは、小規模なリベラルアーツ大学ですが、創立年度は1872年と歴史があり、ネブラスカ州の中でも自然豊かで治安が良い場所だそうです。大学について詳しくはこちらを。バーチャルキャンパスツアーはこちらを。

学部学生は約1100人と小規模で、留学生総数は36名、現在日本人はなんと1名のみ!もっと日本人学生の皆さんに知っていただきたいそう。日本語での資料も作っておられました。

小規模大学ならではのサービスとしては、留学生の9割近くが何らかの奨学金/財政援助をもらっていること(Merit-base:成績優秀者対象、最高$18,000)や、留学生がネブラスカの空港に降り立ったときには、アメリカ人学生が迎えに来てくれて、彼/彼女がその後もメンターとして、初期生活のサポートをしてくれるそうです。留学生対象の奨学金についてはこちらを。

また、インターンシップも推奨しており、留学中のCPT (Curricular Practical Training)や、留学後の卒後研修/OPT (Optional Practical Training)も、留学生オフィスがサポートしてくれるそうです。この大学の入学に興味のある方はこちらをご覧ください。

Jakeさんは、日本には何度か来日されていて、次回は秋の留学フェアに来られたら良いな、とおっしゃっていました。ご訪問ありがとうございました。
(EducationUSA)

posted by スタッフ at 15:51| 東京 ☀| アメリカ留学関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする