2008年08月13日

日本人奨学生の帰国報告より

フルブライト留学を終えて帰国された日本人奨学生から、以下のような報告をいただきました。

"...I contributed to promoting Japan-U.S. mutural undestanding outside the doctoral program.  At the annual summer study courses for high school students, I gave lectures for three consecutive years in relation to my major...I learned various viewpoints of the U.S. from the discussion with them.  I believe that I was a good resource person for them and my lecture gave them a chance to understand Japan.  Moreover, during the semesters, I worked at the library of the University as a student assistance for the Japan Information Center...It was fun to discuss many American young students about Japanese society and its culture. By doing so, I promoted the Japan-U.S. mutural understanding in the University..."

このように奨学生が日本とアメリカの相互理解に貢献してくださっているご報告をいただき、大変嬉しく、フルブライト奨学金の意義を再認識いたします。

(J)

posted by スタッフ at 10:46| 東京 🌁| 同窓生からの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

二つの文化の中で生きる!

フルブライターからいただいたお手紙メモの抜粋をご紹介いたします目

"...My 50years of teaching and research include 26years of these in US (Columbia, Harvard, Rochester and Emory) and 24years of these in Japan (Kyoto, Institute for Molecular Science at Okazaki and Kyoto again).  I am very proud that I am truly bicultural; whenever I move to one side of the ocean to the other, my friends say that you "came back".  All these bicultural experiences started with my Fulbright Fellowship in 1964 which provided airfare (almost equivalent of one-year salary in Japan) to US.  I am very thankful to your Commission..."

フルブライト奨学金により渡米されたことが現在の礎となっていると評価いただくのは、本当にうれしいことです。

(J)

posted by スタッフ at 10:10| 東京 ☀| 同窓生からの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

人生を変えたフルブライト奨学金…!

フルブライト奨学金を得ての米国留学が、その後の人生を変えた…というフルブライターからのお便りの一部をご紹介いたします。

"...I was a Fulbright student of 1964 that allowed my Ph.D. study at UC Berkeley, which has fundamentally changed the rest of my life.  This experience and education have become a foundation of my career as a scientist.  This eventually has lead to the Japan Academy Prize as well as many other distinguished prizes including the British Rank Prize and US Maxwell Prize..."

フルブライト奨学金による米国での勉学の機会が、奨学金受給者ご自身の研究者としての幅を広げ、そして研究の成果がフルブライターだけではなく、後々広く一般にも貢献することとなる、というのは、本当に素晴らしいことだと思います。フルブライト奨学生個人の努力が、社会に大きく影響を与えることになるのはフルブライト奨学金制度の本当の存在意義だと思います。フルブライト奨学金制度をこれからもご支援ください!

(J)
posted by スタッフ at 15:18| 東京 ☀| 同窓生からの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。