2018年10月10日

アメリカからの訪問者: ArtCenter College of Design (CA州)

California州 Pasadena にあるArtCenter College of DesignのDirector of International Recruitment, David SalowさんがアメリカンセンターJapanを訪問してくださいました。

ArtCenter.jpg

ArtCenter College of Design は約90年の歴史ある私立の美術系大学。学生の約35%は留学生という非常に国際色あふれる大学。

他の美術系大学と異なり、学部課程も1年次から各専門に合わせた特別カリキュラムが組まれているため、各分野におけるある程度の基礎的な技術が必要となります。そのため、ポートフォリオは、各分野で要件が異なるそうです。また実際の入学選考は、各分野の教授陣によって行われるとのこと。

新入生の平均年齢は20.9歳。ArtCenter College of Design 入学のために、例えば近隣のCommunity College(公立2年制大学)やArtCenter at Nightなどで、スキルを得て、ポートフォリオを準備して、入学してくる学生も多いとか。
高校生の場合は、ArtCenter for Teensといった短期サマープログラムに参加するのもひとつの方法とのこと。
しかしながら、ポートフォリオの課題をクリアする技術は、現在、いくらでもオンラインの動画サイトなどを活用することで、独学もできるそうです。

大学学部プログラムの場合、提供されている学士号プログラムは、専攻分野によりBachelor of Fine Art (BFA) と Bachelor of Science (BS) があるそうです。B.Sプログラムに関しては、Optional Practical Training(OPT)(F-1 学生の身分の範囲内で行える、実習を目的とした雇用機会)において、
24-Month STEM OPT Extensionに該当するプログラムとのこと。

ArtCenter は、Transportation Designにおいては、全米にある大学の中でも最も古くから提供している教育機関のひとつ。
大学のまわりには、BMV含む、自動車メーカーのデザインスタジオが多数あり、非常に勉強するのに恵まれた環境とのこと。

他に人気の分野としては、ハリウッドから近い地の利からも人気の分野としては、Entertainment Design Film 。
アプリ開発などのデジタルメディアに特化したInteraction Designも人気。

近年、若い近代/現代美術家は、LAを拠点にしている作家も多いそうで、Fine Art専攻者にとっても魅力的な環境なんだそうです。

その他、Advertising, Environmental Design, Graphic Desgin, Illustration, Photography and Imaging, Product Design の分野が学部課程では提供されています。また、大学院課程もあり。

卒業時には、Grad(Graduation) Show  と呼ばれる卒業生の成果発表会があり、そこには、近隣の大企業がリクルートの意味を込めて来校するそうです。

気になった方はぜひ大学サイトをご覧になられてみて下さい。

🔚


posted by スタッフ at 15:52| 東京 ☀| アメリカ留学関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする