2008年01月24日

フルブライター:吉田二郎さん 米国不動産都市経済学会(AREUEA)から最優秀博士論文賞を受賞

吉田二郎さん(2002, Graduate Student, University of California, Berkeley)より、米国不動産都市経済学会(AREUEA)から最優秀博士論文賞を受賞されたとのご連絡をいただきました。経済・金融分野の博士論文で不動産に関係した研究をした人が対象で、日本人としては初めての受賞だそうです。おめでとうございましたぴかぴか(新しい) フルブライターの活躍は大変喜ばしいことです。今後のご活躍をお祈り申し上げます。 (J)
posted by スタッフ at 11:00| 東京 ☀| フルブライター情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

フルブライター:田名部 雄一 さん --- 著書のご紹介

田名部 雄一 さん(1958, Graduate Student, University of Maryland) から、著書のご紹介のお便りメール をいただきました。昨年末に発行・発送いたしました "THE FULBRIGHTER No.27" もお読み下さったそうで、大変ありがたいです。"THE FULBRIGHTER" を通じてこうしてフルブライターをはじめとした読者の皆様と“きずな”を感じられるのは本当にうれしいことです。

-------------------------------------------------------------------------------------
田名部 雄一 「人と犬のきずな --- 遺伝子からそのルーツを探る」 (裳華房 2007/12)
ISBN-13: 978-4785387839

人とオオカミとの共生は1万5千年前以前から始まっていた。人はまだ農業や養畜をしらず、その食料獲得の手段を狩猟と採集に保っていた。この時オオカミとの共生はヒトに大きな利益をもたらした。オオカミは順化され犬となって、農業革命後も、猟犬、番犬、牧羊犬などとして人と共生した。人が豊かになってからは、人に心の安らぎを与えるコンパニオンアニマルとなった。犬の祖先はオオカミで東アジアで家畜化された。
-------------------------------------------------------------------------------------
(J)
posted by スタッフ at 15:08| 東京 ☁| フルブライター情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

秋の文化勲章受章者、文化功労者、叙勲受章者

去る11月3日に、2007年の秋の叙勲受章者、文化勲章受章者、文化功労者が発表されました。
フルブライト・ジャパンのウェブサイトにて、「おめでとうございます」の気持ちを込めて、受章・表彰された皆さまのお名前、フルブライト奨学金受給年度、留学先を掲載させていただいております。
各界で活躍している同窓生「フルブライター」の皆さんが受章・表彰されるのを伺うたびに、喜びに包まれ、また誇りに思います。フルブライト奨学金による勉学・研究の機会が、こうした皆さんのご活躍の微力であったとしても何らかの形でお役に立てたかと思うと、うれしい限りです。受章・表彰されたフルブライターの皆さま、本当におめでとうございました。
(J)

posted by スタッフ at 11:50| 東京 ☀| フルブライター情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

フルブライター:藤井多恵子さん “Gian Carlo Menotti 追悼コンサート”

藤井 多恵子さん (1958, Graduate Student, Boston University) から二期会英語の歌研究会主催の“Gian Carlo Menotti 追悼コンサート”のお知らせをいただきました。藤井さんは演出と日本語訳のご担当です。 Menotti氏は"Amahl and the Night Visitors"のほかピューリッツァー賞受賞作2作も含む多数のオペラ曲などを世に送り出した作曲家です。2007年2月に95歳で亡くなりました。

Gian Carlo Menotti 追悼コンサート 2007年11月17日(土) 15:30開場、16:00開演
ヤマハエレクトーンシティ渋谷
入場券 2,500円
お問合せ 090−4243−4120 eiken_2007@yahoo.co.jp
後援:財団法人東京二期会 ・ ヤマハエレクトーンシティ渋谷
共催:共栄火災海上保険株式会社 ・ 音楽ビヤプラザライオン銀座店

fujii1007.gif  (J)
posted by スタッフ at 17:33| 東京 ☁| フルブライター情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

フルブライター:真正 襄さん“イタリアの歌・日本の歌”

真正 襄 さん (1993, Fulbright Scholar-in-Residence, Middlesex Community College)   から、「イタリアの歌・日本の歌」のご案内のお知らせをいただきました。日伊文化交流チャリティ・コンサートということで、オペラ・アリア、ナポリ民謡、日本歌曲・流行歌を真正さんがテノール歌手として歌い上げます。他出演者には、ソプラノのミチコ・イノウエ(ローマ国際音楽院院長)さん、ピアノ伴奏のセルジョ・オリーヴァ(指揮者・ローマ歌劇場副監督)さんが出演されます。このコンサートの目的として真正さんは、「日本人である私が、イタリア人のピアニストとともに、日伊両国の心の歌をさまざまのジャンルにわたって紡ぎ上げながら、二国間の文化交流のささやかな試み」とされたい、とお手紙につづられておりました。哲学・宗教の専門家でおいでの一方で、声楽家としてもご活躍されている真正さんの美しい歌声は皆様の心に響くことでしょう。

イタリアの歌・日本の歌 2007年9月30日(日) 開場18時 着席開始18時半 開演19時
なかのZERO 大ホール
入場料:当日券 ¥1,000 全席自由 前売り券なし
お問合せ:03-3381-9893

shinsho.jpg
(J)
posted by スタッフ at 14:59| 東京 ☀| フルブライター情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルブライター:田崎悦子さん “ピアノ大全集”

田崎 悦子さん (1960, Graduate Student, Julliard School) から、「田崎悦子ピアノ大全集 第3夜」のご案内のお知らせをいただきました。今回は、全6回シリーズの3回目となり、フィーチャーするのは“ドイツロマン”で、ブラームスとシューマンです。田崎さんからは今回のコンサートに向け、「シューマンとブラームスの得も言えぬドイツロマンの世界に身をおこうと日々努力」されておられるとのお手紙をいただきました。お手紙にはさらに、「独り占めするにはもったいない、この何にも変えられない音と精神の世界を皆様と共有したい気持ちで一杯です」とあり、当日の田崎さんの演奏が素晴らしいものであることが大きく期待されます!

田崎悦子 ピアノ大全集 第3夜 2007年10月12日(金) 19時より 東京文化会館小ホール
全席自由:¥5,000 学生:¥3,500 ペア券:¥9,000
※チケットのお取り扱い・お問い合わせは、コンサートイマジン:03-3235-3777

tazakia.jpg tazakib.jpg 
(J)
posted by スタッフ at 13:33| 東京 ☀| フルブライター情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。